Trist

「この仕事がいくら」でなく「私がこの仕事をやるからいくら」にできるよう、付加価値のある存在になりたい。

これまで、人材サービス業界で、産休育休を含め約10年仕事をしてきました。
派遣がメインの事業部にいたため、登録にきてくださる方の面談や求人とスタッフのマッチング、企業側への提案、就業前の打ち合わせの同席・各種交渉といったコーディネーター業務と、クライアントサービスとして法人側メインの営業を担当しました。

時短制度を活用し、仕事を続けてはいましたが、子どもが2人になり、上の子が小学校に上がると、家でのサポート、それも精神的に余裕を持ってのサポートが必要だ、と感じることが多く、時間カツカツになんとか仕事と育児とを両立しているような現状は変えなければならない、と思うようになりました。

下の子に食物アレルギーがあり、アナフィラキシーで死に至る可能性があることを実感したこともあって、仕事優先!!の人生では後悔する、と思いました。子どもの今を大事にしたい、もっと楽しんで子育てしたい、と思い、退職を決断しました。

とはいえ、仕事は私が私として、没頭できることで、ママの役割もいらない、ある意味自由な時間で、仕事をしない選択は考えられませんでした。経済的に、夫に頼りきることも私の中では気持ち悪く、嫌でした。

tristは、一拠点めの立ち上げ時に存在を知って、流山に働くママに心強い場所ができた!!と感じ、機会があれば、自分も利用できたらいいな、と思っていました。
二拠点めがオープンする、というタイミングで、また関わる機会があり、tristの場があり、そこで混ざり合うことで生まれる価値があると実感しました。

テレワークの活用が、子育てをしながら仕事を続ける鍵になると思っていたので、会社と、サテライトオフィスと在宅と、複数居場所を持って、テレワークメインで面白い仕事をする!を実現したい、と思いました。
そして、この仕事がいくら、でなく、私がこの仕事をやるからいくら、にできるよう、付加価値のある存在になりたい。

こうして、新しい道を進むことに決めました。

まずは、これまでの経験を活かして営業要素のあるお仕事をしていきます。

「楽しく働いてください!」と面接で言っていただいたのですが、シンプルだけど、その通りと思います。
楽しいから頑張れるんです。

変化を楽しみ、しなやかに生きるを当面の目標にして、私の人生を生きていきたいと思っています。