Trist

<ニュース>野村不動産と郊外型拠点に対するコンサルティング契約を締結。

<野村不動産と郊外型オフィスを進めていきます!>
■野村不動産のプレスリリースより
2020 年夏季期間の都心混雑の緩和にも寄与すべく、居住地近くの郊外のターミナル駅での展開 にも力を入れてまいります。現在、郊外型のサテライトオフィス「Trist」を展開する株式会社新閃力(本 社:千葉県流山市/代表者:尾崎 えり子)(公式 HP:https://trist-japan.com/)との間で、シェアオフィス事業に関しての独占的にコンサルティング業務を依頼することを含めた業務提携の契約を締結いたしま した。「 Trist」は、「郊外で仕事ができる場を提供、『家族』『仕事』『地域』が緩やかに重なる生き方を支援 する」というコンセプトで運営されており、同社にコンサルティング業務を委託することで、H¹T は郊外 で働くことの価値向上にも努めてまいります。同社のシェアオフィス事業へのコンサルティング業務の契 約は同社初となり、地域住民の共感を得つつシェアオフィスを自治体の枠を越えて多拠点展開することは、 新たな取り組みとなりますが、同社とパートナーシップを組んで強力に推進してまいります。 同取組みを通し、民間企業はもとより、各自治体が運営している施設との提携、自治体の未稼働施設の 有効活用なども視野に入れ、より一層のネットワーク拡大を目指します。