Trist

<コラム>「これからのワーケーションをどうデザインしていくか」

Business Insider Japanにワーケーションの記事を書きました。
この一年、長崎県五島列島、長野県飯綱町、香川県丸亀市、三重県尾鷲市とやってみて、「これからのワーケーションをどうデザインしていくか」を考えました。

今の自治体が進めるワーケーションは「自然」「仕事環境」「体験」をアピールし、旅行好きの単身フリーランサーか地方創生系の仕事してる人がメインの参加者。これからは子育て世代の会社員をどう巻き込むかが他地域との大きな差別化ポイントになり、選ばれる地域とそうでない地域の分かれ目になると思っています。

記事はコチラ