Trist

<イベント開催報告>オンライントリトーーク!おしゃれなのに気分が上がらない?不思議で素敵なユニクロの功罪に迫る!

【トリトーーク!おしゃれなのに気分が上がらない?不思議で素敵なユニクロの功罪に迫る!】

5月4日にオンラインイベント【トリトーーク!おしゃれなのに気分が上がらない?不思議で素敵なユニクロの功罪に迫る!】を開催しました!

******

参加者からは
「ユニクロはコンビニやスーパーに行くときの正装」
「ユニクロはブランドストーリーが全く見えてこない。だから着る人を選ばない」
「調子に乗って買いすぎてレジで1万円を超えたときの敗北感がすごい」
「洗剤を買うようにユニクロを買っている。消耗しても同じ商品を買ったり、消耗した時用に同じ商品をストックしたりしている」
「実はこれユニクロなんだよ、と言う人がいるが、実はもなにも、ユニクロにしか見えない」
「見えないところやメインにならないところは全部ユニクロ」
「購入後に家で着てみるとアレ?と思うこともあるがまた数ヶ月したら記憶がリセットされて買っている」
「店員さんが話しかけてこないから最高」
など、実にユニクロ愛に溢れる発言が次から次に飛び出した。

一見、褒めているんだかなんだか分からないと思う方もいるかもしれないが、間違いなく褒め称えている。
ユニクロは良い意味で「ちょうどいい」のだ。
頭が良さそうな人が着たらスマートな服に見えるし、
アーティストが着たらアーティスティックな服に見えるし、
一般人が着たら実に一般的な服に見える。

ユニクロは、個性がなさすぎるために誰にでも同化する。
カメレオン俳優ならぬカメレオン衣服。
読んでいるうちにUNIQLOに走り出したくなってきたと思うが、こんなご時世なのでオンラインストアをおすすめしたい。

1時間以上にわたり繰り広げてきたユニクロ愛。さぞかし熱いメッセージがあるとみて、会の最後に「ユニクロへ伝えたいこと」を全員に聞いてみた。
以下、参加者のユニクロへのメッセージである。

「ない」
「お世話になっています」
「ない」
「要は多様性じゃないですか」

一見浅く見えたり、最後の感想に至ってはもはやよく分からないと思う方ももしかしているかもしれないが、実は極めて深いメッセージである。
なんせ参加者達のクローゼットの中のユニクロ率は最低でも5割、最高で9割におよぶのだ。
そんな全面的にユニクロ頼みの参加者達のユニクロへのメッセージが浅いわけがない!

最後に、進行役の尾崎氏の発言で気になったものだけをメモ代わりに残して終わりにしたい。

「ユニクロはいつからこんなにかっこ良くなったんだと思う?私は銀座に行く時も着てるよ」
「消費者がリアルな着用イメージを持てるように、ごく一般的なスタイルの尾崎を広告モデルに起用してみてはどうかな」
「全身ユニクロのコーディネート写真を撮って専用アプリに投稿していたことあるよ」

赤ちゃんからニシアまで。
世界中の老若男女と服がかぶる、衣服で多世代&国際交流を図る世界のユニクロ。
ユニクロさんのお力に勝手になれたような企画でした。

それではまた!

画像に含まれている可能性があるもの:3人、室内