Trist

<メディア掲載>生駒での仕事の様子をNHKに取材していただきました

先月、生駒に行って仕事をした様子をNHKに取材していただきました。
やりたいことはあるけど、まず今は学校現場が困っていること、手が回っていないことを私の強みを活かして解決していきたい。
信頼を獲得するためにも、知ってもらうべきは「何をやりたいか」より「どんな人か」。
「尾崎さんってこんなことできるんや」「尾崎さんにこんなお願いできるかな?」と学校の先生たちと信頼関係が結べたら、改革のスピードは速くなる。
そもそも私のやりたいことは「子ども達の世界を広げること」で「サテライトオフィスを空き教室に作る」のはあくまでも手段の一個。だから、いくらでも現場に合わせて変えられる。他の方法が良いならそれを全力でやるだけ。
どんな小さな行動でも、すべての動きは自分のやりたいことにつながってると思える。
生駒の4日間はめちゃくちゃ楽しくて、アドレナリンがおさまらず飲み会後も全く眠れず、ずっと「何ができるだろう」と考えていた。まだ、何も貢献できてないから、とにかく動きたい。
急に来たわけの分からない私を、少しずつ受け入れてもらえている感覚も、少しずつ距離が近づく感覚も。すごく嬉しい。期待して、受け入れてくれた組織で絶対にちゃんと結果を出したい。どの子ども達にも「この世界はものすごく面白い!」と思ってもらえる仕組みを作りたい。
テレワークでは感じ取れない現場の課題や人との距離を縮められた素晴らしい4日間でした。
動画はこちらをクリック↓
0706リポート