Trist

<NEWS>流山市女性向け創業ゼミナール開校

5年目を迎えた創業事業。
毎年毎年、何が正解かわからず、振り返ってはアップデートし、コンセプトを変え続けてきました。
今年は「何も教えない」と「終わらせ方」の二つをキーワードにしました。
私、普段はそんなに強い口調ではないのですが、創業について話すときだけはかなりキツめに話をします。事業計画書などは商工会議所の創業塾で学べますので、私がやるべきことは創業スタンスを伝えることかな、と。
「ゼミナールでは何も教えないので、自分で調べて考えて動いてもらいます。座っていたら何か得れると思った人は時間が無駄だから2回目からは来ない方がいいです。お金は返します」と伝えましたが全員残ってくれました。
大学卒業したばかりの方、早期退職後の人生を考えたい方、既に創業してる方、会社員の方。
いかに、私が話さず、受講者が気付くか。いかに受講者から質問してもらうようするか?
ついつい話したくなる我慢するのも私にとってはチャレンジです。
2回目は創業スクール卒業生のキジカフェさんにご協力いただき、訪問しました。3回目は飲食店の新しい価値の作り方をみんなで考えていきます。
自分の事業では無意識に「できないよな、、」と制限をしてしまいますが、他人の事業には思い切ったアドバイスができるもの。他業種をテーマに枠を広げて、自分の事業に生かしてもらいます。
今年もAZ行政書士事務所の福田さんとタッグを組み、ゼミナール後は創業コンシェルジュが丁寧に事業の相談に乗ってくれます。
10月10日が受講者の公開最終プレゼンテーションなので、ご興味あるかたは予定を開けておいてください!