Trist

<メディア掲載>読売新聞、日経新聞

今朝の読売新聞、日経新聞にも取り上げてもらっています。
〈日経〉
イベントに参加する前の気持ちから、当日の子どもたちが盛り上がってる様子がとてもわかりやすく映っています。放送をみて、子どもたちがすごく楽しみにしてくれていたのを知り、また胸が熱くなりました。
もちろん、参加者視点の謎解きがメインの放送でしたので、あれが全てではありません。
ANAのキャビンアテンダントの奥津さんのみならず、野島さんや大下さんも会社に色々交渉してくださいました。
パソコン、ネットワーク、カメラ撮影から前日の深夜までネットワークの準備、そして当日の的確なディレクション。苦労を共にしてくださった日本マイクロソフトの宮崎さん。縁の下の力持ち的な存在なので放映されていませんが、彼がいないと何も実現しませんでした。本当に感謝しています。最後のお土産も用意してくださり、子どもたちも大興奮でした!
流山市の六年生菊井響くんも事前ミーティングを何度も重ねて、当日も大役を本当に本当にがんばってくれました!
タイのご自宅をリアルタイムで見せてくださったガイファーちゃん、タイ語を遠隔からホワイトボードで書いて教えてくれたケット先生、タイ側のコーディネートをしてくださったアジアンアイデンティティの中村さん、藤岡さん。本当に彼らのおかげでリアルタイムで海外体験ができました。
Tristの入居者達もたくさん手伝ってくれました!
当日の詳細ブログはこちらから。
本日はNHKの18時10分から首都圏ニュースで放送されます。楽しみです!