Trist

2021年度流山市女性向け創業スクール&HP開設のお知らせ

2021年度流山市女性向け創業スクール&HP開設のお知らせ
流山市の女性向け創業スクールも7年目に入りました。去年は経産省主催の自治体向け講演会でもお話をさせていただき、多くのメディアや自治体からもお問い合わせを頂くのですが、情報がまとまっているものがなかったため、今年度はHPを開設いたしました。
流山市で創業されている安藤デザイン事務所にお願いをしました。非常に素敵なHPに仕上がっております。
スクール卒業生で創業し、情報掲載OKの方を一覧で見ることができ、リンク先に飛んで今の状況を見ることもできます。
そして、今年の創業スクールは「今までの集大成」と言っても過言ではないプログラムを作りました。
<多様な講師陣>
■第一期から直近まで3名の卒業生(わたべさん、渡部さん、川口さん)
■全国的に有名な流山市のマーケティング課の河尻さん、創業スクールの生みの親である元商工振興課の金子さん
■TristをNHKのあさイチや首都圏ニュースで取り上げてくださったテレビディレクターの安住さん
■流山の行政書士であり、4月からご自身でもシェアキッチンを立ち上げ経営されている「実践もできる専門家」福田さん。
<実践型>
■今回は「書く」がテーマですので、実際に書いてホームページで公開します。
■卒業生にインタビューに行き、創業に大切なことを自ら聞き出してもらいます。また、他者の事業をアピールすることを通して、伝わる書き方を学びます。
■最終発表会は副市長をはじめ、地元のメディアやお店、団体の前で自分の事業を発表します。
チラシは流山市のデザイナー中村さんに依頼しました。
A4見開きです。
表面と裏面が白いのは「何にも染まらない。自分で色を付けて欲しい」という想いが込められています。中面の講師が白黒なのも同じ理由です。
一方、中面は色を強く入れています。しかし、鮮やかな色ではなく、あえて落ち着いた色を使っています。目覚ましい発展を遂げている流山市で日々を過ごしていると、どうしても「頭上のキラキラ」に目が行くものですが、創業スクールに集まる女性たちの多くはもっと確かな「足元」に目を向けています。それを表現しています。
何度も何度も紙に構想を書き、悩みに悩んで作ってくれました。
毎回私の想いの数歩先をデザインしてくれる彼女に感謝です。
8月2日から申し込み開始なので、まだ少し先ですが、ご興味ある方はHPからチェックをしておいてください。
事業を始めてる方、卒業生、今から創業を検討したい方、どなたでも「流山市で創業」をお考えの方なら受講できます。
もちろん、私もお話をしますし、全授業に関わります。