Trist

Trist子どもたち主催のクリスマス会開催

先日、Tristの子どもたち主催のクリスマス会を行いました。
企画司会運営はボードゲームマスターの小学校一年生です。
自慢大会や一芸披露の後はジェンガやトランプなど定番のゲームから本格的なボードゲームまで五つの机に分かれて楽しみました。
大人も子供もみんな真剣に笑ってはしゃいで楽しんだのですが、ボードゲームってすごいなぁーと改めて感じました。
■年齢差を感じない
■一定時間で必ず終わるので、「やりたい!」子達の待ち時間が少ない
■人数が増えても楽しめる。
■ルールが理解しやすい
■敵にも味方にもなれる
思春期の子たちが「超楽しい」とボソッと言ってるのが聞こえて、心がポッあたたかくなりました
12月4日5日三姉妹のクリスマスイベントで寄付いただいた2500円とまさかの尾崎ガチャの完売によって得た1500円は「あしながサンタ」に寄付いたしました。
尾崎ガチャを買った子どもたちが服やiPadなど目立つところに尾崎のプロマイドを飾ってくれたのですが、とても心配です。私が恥ずかしい想いをするのは良いのですが、私のせいで購入してくれた子どもたちが恥ずかしい想いをするのは辛いです。机の奥の方にしまって魔除けにしていただきたい。
トリストの小学二年生メンバーが作ったスライムガチャも入れました。これから、どんどん小学生ガチャが増える予定ですので、お楽しみに!!